2016年度長野県バトン・ポンポン体験講習会in中野 活動報告

2016nakano

3月27日(日)、中野市にて「長野県バトン・ポンポン体験講習会in中野」を開催致しました。
少し肌寒くはありましたが、残雪もなく春の陽気で清々しい良い日和となり、初心者から経験者まで16名の方が参加されました。

開会式では協会副会長であり、長野県地区会長の木内先生にご挨拶頂き、「バトンを楽しんで」と緊張している子供達に声をかけてくださいました。
また野口副会長からはバトンを小さなコミュニティに留めず、大きく広めていくための活動も大事だとお話して頂きました。
講師には野口理事長、米山理事においで頂き、経験や技術レベルに合わせて丁寧にご指導頂きました。

まずはウォーミングアップ。横で見ていたお母さん達にも声をかけ、みんなで準備体操やストレッチをしました。お母さん達の方が子供達より体が硬かったかもしれませんね…。

次はポンポン講習。キラキラしたポンポンを初めて握った子供達は嬉しそうでした。野口先生に振付指導して頂き、子供達は少し早い動きにも真剣な顔つきで振りを覚えていました。それなのに用意していたCDが使えないというトラブル発生。それでも間に合わせの曲に合わせて一生懸命踊って見せてくれました。

バトンは初心者、初級、中級レベルに分かれて講習しました。私は初心者グループを担当しましたが、初めて触れるバトンを一生懸命回しながらテキストに覚えた技を嬉しそうにチェックしていました。中には難しい技もあったりしましたが練習するにつれて上手になり、出来るようになった時の誇らしげな嬉しそうな顔がとても印象的でした。初級グループも今までと違う練習内容に刺激されたようで、成果発表の時間ではみんなレベルアップしていて驚きました。「すごく楽しかった。」とか「こんなこと出来るようになったよ。」と講習後に報告に来てくれたメンバーもいて、楽しい時間を過ごしたんだなと実感しました。中級レベルのメンバーはグレード5検定から始め、全員無事に合格できました。その後は技術講習でテキストに沿って高度な技も教えて頂きました。

2時間の講習はあっという間で、本当に楽しく有意義な時間となりました。初めて参加してくれた方にもバトンの楽しさをお伝えすることができて本当に嬉しく思います。すでに地元サークルで活動しているメンバーもいつもと違う先生に、いつもと違う指導法で教えて頂き、たくさんの刺激をもらって良い経験となったと思います。講習後の懇親会では保護者の皆様とも交流の時間を持つことができ、バトン協会をより近くに感じてもらうことができたと思います。長野県ではまだまだバトンは盛んなスポーツではありませんが、少しずつでもバトンの輪を広げられるよう、今後も努めていきたいと思います。参加してくださった皆様、ご指導くださった先生方、ありがとうございました。

長野県支部 理事 土屋みどり

Follow me!