バトンがオリンピック種目へ入るのはいつ?

子供から多くの声が上がっています。これは大人もどうしたらいいのかわかりにくい課題ですが、単純に体育協会に種目としてバトントワリングが存在していないからです。体育協会に入ればオリンピック種目になるのかというとまた別ですが、少なくとも加盟していないのですから実態がありません。

なぜならオリンピックに入っていない競技で行われ、オリンピックの翌年開催される第2のオリンピックともいわれている「ワールドゲームズ」(国際ワールドゲームズ協会)にもバトントワリングの種目はありません。この中のワールドゲームズの種目のほとんどが体育協会の加盟種目です。下記、日本体育協会からのお話です。

日本体育協会加盟の条件

  1. 全国を統一した団体であること。←複数存在する団体を一つにまとめる。
  2. 組織が確立していること。←県単位・支部単位の体育協会加盟が全国に存在すること。
  3. 競技として種目がなりたつこと。

ではどうしたらこの課題をクリアーできるのか

  1. このまま進めていってもいつか支部、県単位のところで、他連盟とぶつかり加盟が難しくなる。←全国講習会を開催し、連盟組織の話し合いというより地元の指導者と交流を持ち、お互い協力できるところを話し合い、一緒に活動できるようにしていく。県単位で加入できるようになったら、名称、組織、本部同士で話し合いを行う。
  2. (1)体育協会は大きすぎて入れないと思っても、体協から降りてきている組織である各地のスポーツ少年団、総合型スポーツクラブに種目として入る。
    (2)サークルが規約、総会を行い、組織として活動・運営を行う。
    (3)地域で複数の活動拠点があり、会員が存在するように活動を広める。3つの活動拠点と60名の会員を目標に行う。
  3. 競技種目として本部は大会を重ね、大会の内容の充実を図り、世界のルールを把握し、公平な立場での競技種目・審査のあり方を追求している。広さ、高さからの実態が必要になります。

バトントワリングがオリンピック種目になるため

IOCスイスローザンヌ国際オリンピック委員会
国際的に統一した協会が候補の運動をする

オリンピック委員会JOC
日本で統一している団体・法人格を有する

日本体育協会に加盟している 加盟費40万円、年会費20万円

都道府県に支部を有する
例 東京都体育協会 加盟費50万円年会費10万円

東京都の場合
23区27市のうち20支部を有する
例)足立区体育協会 加盟費 20万円 年会費2万円
墨田区体育協会 加盟費 無料 年会費1万円
埼玉県越谷市体育協会 加盟費 無料 年会費無料

体育協会の加盟のメリット

  1. 目的のオリンピックに近づく
  2. 体育協会から資金援助が受けられる
  3. 総合型スポーツクラブの中にバトン種目を組み込める
  4. 体育施設が借りやすくなり、安価、無料の場合もある
  5. 指導者は公のスポーツ指導員に認定される。

おのおのの加盟には書類提出から活動内容に審査があり、数年かかる。

加盟の書類内容

  1. 加盟目的
  2. 活動実績
  3. 活動場所
  4. 活動参加人数
  5. 団体規約
  6. 組織(加盟支部)
  7. 代表者、役員名簿